CuBox (第1世代)

最終更新日時:2012-05-30 11:39

初版公開日時:2012-05-30 11:39


2011年末頃に海外で発売されたCuBoxです。


ファイルサーバはQNAP TS-212があるのですが、ハードディスク異常でデータが吹っ飛ぶと怖いのでバックアップ用のファイルサーバを構築しようと思って購入したのがきっかけです。とはいえ自分ではあまりやってこなかったDebianでいうところのarmelアーキテクチャで動作するマシンですのでなにか遊べないかなー、とか思っています。

/static/mypyapp2/images/cubox.jpg

スペック

  • CPU

    • 800 MHz dual issue ARM PJ4 processor, VFPv3, wmmx SIMD and 512KB L2 cache

  • ディスク

    • 16GB microSDHC(OS格納用)

  • メモリ

    • 1GB(DDR3-6400)

  • チップセット

    • 特製マザーボード(調査中)

  • 光学ドライブ

    • なし

  • グラフィック

    • 調査中

  • ディスプレイ

    • なし(現状はシリアルコンソール+sshで事足りている)

  • サウンド

    • 調査中

  • 有線LANカード

    • RJ-45 1000/100/10

  • 無線LANカード

    • なし

  • 外部I/F

    • HDMI

    • USB2.0x2

    • microUSB(serial console)

    • eSATA(3.0Gbps)

    • microSDHC slot

    • S/PDIF

    • IrDA

  • OS

    • Debian GNU/Linux wheezy armel


auther: dictoss

地元の北海道から流れて大阪へ行き、現在は東京でお仕事中。 仕事ではCentOS、家ではDebianとFreeBSDを使い何かしようと画策中。

github.com