dictossの気まぐれハッキングライフ

主にコンピュータに関連する内容をお届けいたします。あくまで気まぐれなので、不定期更新中です。


Google Pixel 7a (SIMフリー版)

最終更新日時:2024-05-25 22:00

初版公開日時:2023-05-16 21:50


GoogleのPixelシリーズの廉価版である最新モデルのPixel 7aを購入しました。新型CPUのGoogle Tensor G2を搭載しているスマートフォンで、性能はミッドレンジの中では高めです。Pixel 6a を昨年買いましたが、買い替えということで購入しました。


Pixel 6a から買い替えた理由は、GPUがG2、RAM 8GBでスペックが上がっていることも理由ですが、一番の理由はPixel 6aで非対応だったドコモの電波の5G n79と4G Band21(1.5GHz) に対応したことです (実家の北海道におけるドコモの4G展開はBand21で速度を出すようになっているため、非対応だと速度が遅い)。Pixel 6aはドコモの電波に一部非対応だったこともありドコモでは取り扱いがなかったわけですが、今回きっちり対応しています。また、OSのサポート期間は長めの3年のメジャーアップグレード+2年のセキュリティアップデートに対応しており、今後5G事情は改善していくでしょうから、きちんと5Gの電波に対応している機種を使うのがよいだろうという判断です。


Androidアプリの開発で使うのがメインになりそうで、このAndroidスマートフォンとは長い付き合いになりそうです。


【2024-05-25更新】後継の Pixel 8a を購入したため、このPixel 7aは売却しました。これまでありがとう!


Apple iPhone 12 64GB (NTTドコモ版、SIMロック解除済)

最終更新日時:2024-05-22 22:10

初版公開日時:2024-05-22 22:10


Apple iPhone SE (第2世代) を使っていたところ、 Google Pixel 8a が発売され、このiPhone SE (第2世代)を下取りで出すと高値で買い取ってくれる、というAndroidシェア拡大キャンペーンのようなものをしていました(2024/5/21で終了)。その策(?)に乗ることにして、iPhone SE (第2世代) を手放して次の世代のiPhoneを探した結果、価格と状態を鑑みてiPhone 12 64GBをNTTドコモの認定リユース品「docomo Certified」で買いました。一括払いにしたので、SIMロック解除済みです。


iPhone SE (第2世代)の発売日は2020年4月24日、iPhone 12の発売日は2020年10月13日と半年くらいしか離れていません。そのため、SoCはA13 BionicからA14 Bionicになったくらいであまり性能には差はなく、iPhone 12も古い機種ではあります。ただ、バッテリーは大きくなっているため、電池持ちはよくなると思います(中古なので電池最大容量が83%へ劣化しており、実際の稼働時間はそれほど変わらないかもしれませんが)。価格的にはiPhone 13から通信キャリアの割引施策が縮小傾向になった時期と重なり、iPhone 12世代は安いがiPhone 13世代以降はなかなか高くて中古でも手を出しにくい感じになっています。


iPhone SE (第2世代)からiPhone 12に替えてみると画面が大きいことは正義で、かなり見やすいです。Face IDはこれまで使ったことはなかったですが、なかなか便利です(他の人に寝ている隙にロック解除されるとかあると嫌だなぁ)。


メインはAndroid機のため、サブのiPhoneはアプリ開発の勉強のため普段からiOSを使っておこうという感じですから、廉価な機種での運用が続くと思います。iPhone SE (第4世代)があと1年くらいで出そうという噂がありますので、それまでこのiPhone 12を使っていこうと思います。


Google Pixel 8a (SIMフリー版)

最終更新日時:2024-05-22 22:00

初版公開日時:2024-05-22 22:00


GoogleのPixelシリーズの廉価版である最新モデルのPixel 8aを購入しました。新型CPUのGoogle Tensor G3を搭載しているスマートフォンで、性能はミッドレンジの中では高めです。Pixel 7a を昨年買いましたが、その時のポイントが残っておりそれを使って少しお安く買い替えしました。最近は4a(4G)、6a、7a、8aと毎年買っているような気がします。


Pixel 7a から買い替えた理由は、RAMが引き続き8GBあり、SoCがTensor G3にスペックが上がっていること、OSのサポート期間が7年ととても長いのも理由ですが、iPhone SE (第2世代)の同時下取りの額がかなり高かったというのが本音です(おそらく普通の買い取り額の2倍)。今使っている iPhone SE (第2世代) の発売日は2020年ですからもう古く大きな画面のiPhoneへ玉突きで買い替えるのにいいチャンスかなと思いました。


PixelはAndroidアプリの開発で使うのがメインでOSのサポート期間が2031年までとかなり長いこのAndroidスマートフォンとはどこまで長く付き合うことになるのでしょうか(先に電池がダメになるでしょうから7年は持たない気はしています)。


auther: dictoss

地元の北海道から流れて大阪へ行き、現在は東京でお仕事中。 仕事ではCentOS、家ではDebianとFreeBSDを使い何かしようと画策中。

github.com

© 2005-2024 dictoss.

counter: 508539