2022年5月 東京エリア・関西合同Debian勉強会

最終更新日時:2022-05-21 23:50

初版公開日時:2022-05-21 23:50


今日は、2022年5月 東京エリア・関西合同Debian勉強会 がありました。今回は司会進行を務め、セミナー発表は「Gmailとパスワード」、「アプリにおける多言語対応の仕組み」の2本がありました。


セミナー「Gmailとパスワード」では5月末でgmailの認証方法が変わりアカウント名とパスワードでログインできなくなるとのタイムリーなお話で、興味ある方が多かったです。使っているアプリで対応をしないと6月になると処理が動かなくなってしますので、どのように乗り越えるかの説明を皆さん真剣に聞いて質問していました。


自分が発表した「アプリにおける多言語対応の仕組み」は、C言語のプログラムで英語のメッセージを日本語などの翻訳文に差し替えるgettextの仕組みの説明をしました。ちょっとうろ覚えの部分もあったので、この発表のタイミングで整理できてよかったです。


これからもDebian勉強会で勉強していきたいと思います。


auther: dictoss

地元の北海道から流れて大阪へ行き、現在は東京でお仕事中。 仕事ではCentOS、家ではDebianとFreeBSDを使い何かしようと画策中。

github.com