東京は再度まん延防止等重点措置

最終更新日時:2022-01-22 22:27

初版公開日時:2022-01-22 22:27

タグ: diary

昨日1/21から2/13までの期間でまん延防止等重点措置が東京都で開始されました。


1/22は東京都で新型コロナウイルス(COVID-19)の新規感染者は1万1千人くらいだそうです。さすがにすごい勢いで増えています。オミクロン株の広がりはすごいですが重症化はしにくいという話があるようで、重症化しないならガードを緩めて経済活動の妨げをするな、という意見もあるようです。ただ、感染症の専門家の立場ではノーガード戦法のお墨付きを与えたとかいわれるのも困りますし、政治家の立場ではたった1人の死亡者でも出れば野党やマスコミから袋叩きにされる以上、コスト度外視で人命優先するという方向になってしまいます。さすがにCOVID-19は肺炎になりますし、肺炎は高齢者にとって致命傷になるので死者ゼロというわけにはいかないです。この辺は日本人特有なのか議論の進め方を感情論に訴えることを優先するせいで国会が論理的に運営されないことが問題なんだろうと思います(死者数で言えば、COVID-19で亡くなる人もいれば、経済困窮で自殺する人や過労死する人などもいます。単純な死者数では自殺者がかなり多いのは社会問題な気がします)。


オミクロン株の引きが早ければもしかするとまん延防止等重点措置が少し短く終わるかもしれないような気もしますので、それを願いつつ、感染予防を行い、人混みは避ける生活をしましょう。


auther: dictoss

地元の北海道から流れて大阪へ行き、現在は東京でお仕事中。 仕事ではCentOS、家ではDebianとFreeBSDを使い何かしようと画策中。

github.com