2021年はもう大晦日

最終更新日時:2021-12-31 19:45

初版公開日時:2021-12-31 19:45

タグ: diary

2021年も大晦日を迎え、今年も終わろうとしています。2020年に引き続きCOVID-19の蔓延で2021年もどこにも行けず1年が終わってしまいました。


2021年はなんとかCOVID-19のワクチンが出てきて日本国民に打ちまくるという前代未聞の大規模行政施策が行われ、公務員の方々はさぞ大変だったと思います。大変お疲れさまでした。社会的には人の流れが止まった影響で、飲食・運輸・観光の業種が経済的に大打撃を受けました。ただ、逆にそれ以外の業種ではあまり影響なかったようです。ただ飲食関連はパートや学生のアルバイトの人が多いですので、収入減は痛いだろうなという感じはします。


自分的にはソフトウェア開発の仕事をしていますので自分自身の仕事については影響なかったですが、チームメンバーのフォローはなかなか大変でした。メールやチャットなど文字でコミュニケーションをするのは高コストですがコンピュータ関連の人は慣れていますが、自分の考えを適切な言葉で文字にすることに慣れていない人はだんまりになってしまうのでそこが難点でした。COVID-19の状況下でのコミュニケーション方法としてwebのビデオ会議サービスがどんどん進化してきて、それを 日本の会社がビジネスにすぐさま取り入れる様はなかなか見られない気がします(アメリカなんかは元々土地が広大なのでビデオ会議は一昔前から多かったのだろうと思います)。


2021年半ばまではデルタ株が蔓延し、後半はオミクロン株が日本国内でちらほら出てきている状況です。2022年のCOVID-19事情、自分の生活はどうなっていることやら。今年も一年お疲れさまでした。


auther: dictoss

地元の北海道から流れて大阪へ行き、現在は東京でお仕事中。 仕事ではCentOS、家ではDebianとFreeBSDを使い何かしようと画策中。

github.com