緊急事態宣言の解除とその後

最終更新日時:2021-03-22 21:14

初版公開日時:2021-03-22 21:14

タグ: diary

COVID-19対策を目的とした2度目の緊急事態宣言が解除されました。とはいえ、みなさん好き勝手にするものだから最後は延長して解除ぎりぎりで増え始める事態になってしまいました。政府は何をやっているんだ、という声はあるものの憲法や法律をかざして自由にやったらそりゃ蔓延してしまうのは仕方ないかな。政府も難しい舵取りです。


こと日本人は3.11のときに忍耐がある、悲しみの中でもきびきび動くなどいろいろ世界から褒められることもありましたが、ことCOVID-19については一部の人は好き勝手気ままにやり放題でした。昔読んだ本「モチベーション3.0」のモチベーション2.0を指すアメとムチで人は動くという考え方を地でいった感じに思えました。アメ(=お酒飲みたい、交流したい)がないなかムチは打てずという状況でアメにひたすら向かっていった、という感じです。


さて、COVID-19の蔓延でリモートワークが浸透してきて会社も寛容になってきました。とはいえ、今度はリモートでどう生産性を上げるか、どう測るかという段階に入ってくると思います。開発者だとコミット数で測ることもできるのですが、事務職の人などはどうするのかなと思います。アフターコロナの社会、日本社会において生産性をプレゼンスする、という宿題を労働者は持たされたのだろうと思います。


auther: dictoss

地元の北海道から流れて大阪へ行き、現在は東京でお仕事中。 仕事ではCentOS、家ではDebianとFreeBSDを使い何かしようと画策中。

github.com